子供は睡眠の質を高めることを気にしません

子供は睡眠の質を高めることを気にしません

 

子供は睡眠の質を高めることなんてなにも気にしません。

 

時間になるとその場で眠っていたり、さっさと自分の寝室

 

へ行ったり・・・子供って眠りの天才のような気がします

 

 

子供によっても差がありますが、幼児くらいだといつも決

 

まった時間に寝るでしょう。寝る時間が1時間でもオーバー

 

すると機嫌が悪くなったり、その場で突っ伏して眠ってし

 

まうこともあります。

 

小学生あたりになるとだんだん夜更かしを覚えてくる子供

 

もいて、寝る時間も家庭によってばらばらなので差が出始

 

めます。そして、徐々に家庭の中の状態によって早寝の子

 

供や夜更かし気味の子供が出てきます。

 

だけど、どんな時間に寝るとしても子供は布団に入ると気

 

を失うようにすっと眠ります。その様子は見ていて気持ち

 

が良いくらいですが、大人はそんな風に眠れません。

 

大人は睡眠の質を高めることにもっと注意を向けた方が良

 

いです。誰にも子供だった時代がありました。その頃の睡

 

眠を少し思い出してみると良いかもしれません。

 

寝ることの質を高めるために、たとえば子供の頃ぬいぐる

 

みが必要だったとか、誰かがそばに居た方がよく眠れたと

 

か安心できたとか、そういうちょっとしたことを思い出し

 

てみると参考になると思います。